アラフォー主婦の目線から日常のいろいろなことを見つけて最初はちょこっとお得な話から、ゆくゆくはガッチリお得な話までできるようにコツコツと続けて、楽しいブログにしていきたいと思ってます。


世の男性陣よ!

家計のために主婦を働かせるのなら、家事を手伝いたまえ


家事



なぜ、女ばかり当たり前のように家事を
しなくてはならないのでしょうか?


十分に収入があり、毎年家族でも旅行に行け
貯蓄もできるなら完全に 家政婦となり服従します。

家事はおろそかにせず、美味しいご飯を毎日作って
笑顔でお帰りなさいって言えます。


実際こんな家庭ばかりではないですよね?


もしお手伝いしてないのなら
ぜったいに不満はあるはずです。


子供の為に辛抱している。
子供が成人したら離婚してやる。
って心の中で思ってるかもしれません!?

奥さんが 不満がありつつも家事全般を
していたとしても、定年後何もせず
ゴロゴロなんてしたら
熟年離婚まっしぐらですよ

いろんな不満があっても協力的な
ご主人だったら夫婦円満です。


必ず家事の分担を見直し しましょう。


うちも あいまいだった
家事の分担について話し合いました。

日曜日は私は仕事のため、旦那さんに
お願いして夕食作り交換してもらいました。

食事作りは嫌いではなさそうなので
これを機にどんどんチャレンジしてもらいたいのです。




平日、土曜の朝夕食事作り
日曜日夕食の食器洗         
掃除機かけ       
洗濯          
洗濯干し、取り込み
トイレ掃除


旦那さん

土曜食器洗い
日曜日昼、夕食作り
ゴミ集めゴミ捨て
おふろ掃除
洗濯たたみ



有り難いことに、本当によくお手伝いしてくれる
旦那さんになったので、安心して仕事ができます。


分担はしましたが、これはあんたの仕事と
決め付けずにフォローできるところは
お互いにしています。

役割を分担したことによって
心の余裕ができたと思います。



実はもともとはゴミ捨てくらいしか
お手伝いしてくれませんでしたが
少しずつ少しずつ増やしていっての結果です。



自分でやった方が早い、言うのも面倒だしっ
てことで自分で抱え込んで頑張りすぎず
頼ってみてください。


そしてお手伝いしてくれた時には素直に
「有難う。助かったよ」の一言で
またお手伝いしてくれると思います。


女性と違って男性って細かいことに
気がつかないので、してほしいことを
具体的にお願いし続けるといずれ
言わずに行動してくれるように
なってくれると思います。



男子厨房入るべからずなんて
今の時代ナンセンスです。


どんどん家事を手伝ってもらって
夫婦円満でいましょう。


夫改造頑張りましょうね