アラフォー主婦の目線から日常のいろいろなことを見つけて最初はちょこっとお得な話から、ゆくゆくはガッチリお得な話までできるようにコツコツと続けて、楽しいブログにしていきたいと思ってます。


今から3年前のできごとですが。

ある日小学校からアタマジラミが
流行っているので注意しようっていう
プリントが配られました。


アタマジラミってなあに?

アタマジラミは人のアタマに住み着いて血を吸って生きる虫。
蚊が血を吸うのとなんら変わりありません。
ただ 蚊 と違うのは勝手にいなくならないこと。



どうやって駆除するの?

ピレスロイド系の薬剤でゴキブリや蚊を
殺す家庭用殺虫剤の多くはこのピレスロイド系です。
ですが、近年 薬剤に対する虫の抵抗力が
問題になってきているようです。
 
幼い子どもたちに多いことや、虫の抵抗力の
問題もありシラミ退治は専用の櫛による
退治方法が主流になっているようです。



そんなまさかねぇ。うちの子に限ってねぇ。
どれどれ、見せてごらん。

なんと!髪の毛の付け根の少し上くらいに
白くキラリと光る小さい塊がいくつか
ついているではないか。
フケではないのが、見た目ですぐわかります。


こここれはもしかしてシ・ラ・ミ?

そして、髪の毛を掻き分けてみてみると
今度は成虫が!!

ギョエーーー!!ー!!
チラッとしかみえなかったけど
小さいハエのようでした。

すぐに髪の毛の中に隠れてしまって
見つけられないんです。

あまり私が怖がると娘に良くないと思い
冷静さを保つようにしていたのですが
娘は意外と普通でしたね。
「だって見えないもん」


すぐに皮膚科ですよ。
そうしたら、まずは成虫のシラミを
殺すためのスミスリンシャンプーを
購入するように言われ、クシでとかす
ように言われました。


シラミの卵と成虫を駆除するための
専用のニットフリーコーム シラミ・
卵駆除専用櫛をインターネットで購入。

それと、シラミが嫌うライスガードスプレーも
一緒に購入。

流行っているときに予防にもなるらしいです。
スプレーのにおいはお花の香りがしますが
少しだけでも強い香りがつきます。


これを子供一人に毎日30分はじっくり
時間をかけ髪を小分けにして
丁寧にクシで駆除していきました。
終わった後の道具もすべて熱湯消毒です。



image


これが、その時に使用した道具です。



スミスリンシャンプーは家族全員
利用するように言われました。

幸いに私と旦那さんはセーフでしたが
妹は確認できるだけて2匹ほど
入ったくらいで、すぐに完治しました。


そして、使用しているシーツカバー
衣類すべて毎日熱湯消毒です。


掃除機も丁寧にかける。


何が大変って熱湯消毒が大変なんです。
布もの全てですから。


結局、毎日こんなことを繰り返して
一週間くらいで完治しました。


あとから分かったことですが
仲良く遊んでいたお友だちもシラミが
入っていたらしく、そのお母さんその事を
黙ってて、うちに遊びに来させていたんです。


え!?ウッソー



あとから、シラミについて調べたら
床に落ちたシラミは這いつくばって
宿主を探している。

一度アタマに入ると次から次とタマゴを
産卵し、あっという間にすごい数になる。


短髪の男の子だからといって
安心はできない。
短髪の髪の毛にもびっしりタマゴを
産卵していることもある。


普通に洗濯しても水の中では生きている。


3日ほど、宿主が見つからなければ
死んでしまうと。



とにかくもう2度と御免です。アタマジラミ。