アラフォー主婦の目線から日常のいろいろなことを見つけて最初はちょこっとお得な話から、ゆくゆくはガッチリお得な話までできるようにコツコツと続けて、楽しいブログにしていきたいと思ってます。


数年前からパート年収106万を超えたら
会社は社会保険をかけなくてはならないと
法律で決まったんだって。
という声が聞こえてきます。




実際に以前私が勤めていた会社でも
その話がでてから103万以上130万以下で
勤務しているパートさんに対し、有無を
言わさず年収を106万未満にするよう
通達がきていました。




結局のところ、会社も経費を押さえたいわけ
ですから、そういった措置になっていくんでしょうね。



さてそこで、106万の壁とは、どういうものか調べてみました。


image

厚生省HPより参考資料



平成28年10月から施行される。
そして3年の猶予期間があるようです。




私は今年の6月から扶養からはずれて
週25時間で勤務しています。
会社は社会保険をかけてくれませんので
自分で国民年金をかけています。



もし会社が社会保険をかけてくれたら
毎月自分で支払っている国民年金保険料
15,590円の部分、会社が半分負担になるので
私の負担が減るのと、将来もらえる年金が倍に
なるという、ありがたい話になります。
扶養からはずれた甲斐があるというものです!


今は仕方なく、泣き寝入りをしているようなものですから!



企業が本当にそうしてくれるのかどうか?




実際に今もパートは週30時間未満の
制限がありますから、
(会社が社会保険をかけなくてすむために)
もしかしたら、会社側としてパートは
週20時間未満の制限をかけてくるかもしれません。



あまり期待しすぎず、少しは期待していようと思います。





来年10月からの適用は従業員501人以上の
大企業で、中小は段階的にもう少し先に
なるようではありますが、私のように扶養から
外れて自分で国民年金を支払っている
人にとっては朗報ですね